本文へスキップ
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄
1−22−17
 (有)総合劇集団俳優館
主な上演作品  
◆俳優館の上演作品◆(初演作品・最新公演順)

「新劇100年企画V〜珠玉の一幕劇集〜」翻案劇リーディング

長いお正月/ソートン・ワイルダー作「ロング・クリスマス・ディナー」より
 作=長岡輝子、演出=ふじたあさや

赤い陣羽織アラルコン作「三角帽子」より
作=
木下順二、演出=佐藤友彦

2017年2月2日〜5日 損保ジャパン日本興亜人形劇場ひまわりホール

  「出雲の阿国〜いざや傾かん〜」
作=ふじたあさや
演出=木村 繁
音楽=川崎絵都夫
振付=工藤鍵道(日本舞踊工藤流)
指導=佐藤友彦(狂言和泉流)
    衣斐 愛(能楽シテ方宝生流)
主催=文化庁、公益社団法人日本劇団協議会

2016年12月7日〜12月11日
名古屋能楽堂

 ミュージカル「はだしのゲン」
原作/「はだしのゲン」中沢啓治
脚本=鹿目由紀
演出・振付=ほりみか
音楽=大河内俊則

2016年8月11日〜14日
名古屋市東文化小劇場

「シェイクスピア・リーディング・シアターその7」
お気に召すまま/訳=松岡和子、演出=なかとしお
2016年6月2日〜5日 俳優館スタジオ

「シェイクスピア・リーディング・シアターその6」
ペリクリーズ/訳=松岡和子、演出=木村 繁
2016年5月19日〜22日 俳優館スタジオ

「シェイクスピア・リーディング・シアターその5」
オセロ/訳=福田恒存、演出=佐藤友彦
2016年1月15日〜17日 損保ジャパン日本興亜人形劇場ひまわりホール

  ギリシャ喜劇「女の平和」
作=アリストパネス、訳=高津春繁
上演台本・演出=鹿目由紀
作曲=ノノヤママナコ
主催=文化庁、公益社団法人日本劇団協議会

2015年12月24日〜12月27日
愛知県芸術劇場小ホール

「シェイクスピア・リーディング・シアターその4」
タイタス・アンドロニカス/訳=松岡和子、演出=平塚直隆
2015年10月23日〜25日 損保ジャパン日本興亜人形劇場ひまわりホール

「70年目の暑い夏〜朗読・リーディングと上演による戦争のすがた〜」
ビルマの竪琴/作=竹山道雄、脚色=ふじたあさや、演出=なかとしお
2015年9月18日〜20日
わたしは貝になりたい/原作=加藤哲太郎「狂える戦犯死刑囚」
脚本=橋本 忍、台本・演出=木村 繁
2015年9月21日〜23日 
損保ジャパン日本興亜人形劇場ひまわりホール

 「群青〜雲流れる果てに〜」
原作/知覧高女なでしこ会編「群青」
〜知覧特攻基地より〜
作=いずみ凛
演出=ふじたあさや
音楽=藤村記一郎

2015年7月30日〜8月2日
愛知県芸術劇場小ホール

「シェイクスピア・リーディング・シアターその3」
マクベス/訳=坪内逍遥、台本・演出=木村繁
2015年5月14日〜18日 俳優館スタジオ

  「友達」
作=安部公房、演出=平塚直隆
主催=文化庁、公益社団法人日本劇団協議会
2014年11月28日〜12月4日
愛知県芸術劇場小ホール

 ミュージカル「アラビアン・ナイト」
「千夜一夜物語」より
脚本=児玉俊介
演出・振付=ほりみか

2014年8月22日〜24日
名古屋市芸術創造センターホール

「宮澤賢治の『ドリームランドにっぽん』」
原作=宮澤賢治
脚本・演出=木村繁
2014年6月〜 学校巡演作品

「シェイクスピア・リーディング・シアターその1・2」
ジュリアスシーザー/訳=坪内逍遥、台本・演出=木村繁
2014年4月17日〜20日 名古屋舞台芸術協会スタジオ
2014年4月24日〜27日 劇座スタジオ
ヴェニスの商人/訳=小田島雄志、台本・演出=鹿目由紀
2014年5月1日〜4日 劇座スタジオ
2014年5月8日〜11日 俳優館スタジオ

「ブルーストッキングの女たち」
作=宮本 研、演出=ふじたあさや
主催=文化庁、公益社団法人日本劇団協議会
2013年12月13日〜19日 名古屋市千種文化小劇場(ちくさ座)

ミュージカル「世界どうぶつ会議〜ワールド・ズーラシアン・サミット〜
原作=エーリッヒ・ケストナー「どうぶつ会議」
脚色=鹿目由紀、演出・振付=ほりみか、音楽=雨宮賢明
2013年7月21日〜24日 愛知県芸術劇場小ホール

「ヘルン氏のこわいかこわくないかわからない話」
ラフカディオ・ヘルンの小説/紀行文より
作・演出=木村 繁
2013年5月29日〜6月2日 名古屋・損保ジャパン人形劇場ひまわりホール

 「新劇100年企画U〜珠玉の一幕劇・短編戯曲集〜」

卒塔婆小町 近代能楽集/リーディング 作=三島由紀夫、演出=鹿目由紀
挿話 エピソオド A Toropical Fantasy/リーディング 作=加藤道夫 演出=ふじたあさや
冬の花火/リーディング 作=太宰治、演出=木村
宮城野/上演 作=矢代静一、演出=菊本健郎
鋏/リーディング 作=田中澄江、演出=佐藤友彦
彦市ばなし/リーディング 作=木下順二、演出= ほりみか
人を食った話/リーディング 作=宮本研、演出= 右来左往
制服/上演 作=安部公房、演出=平塚直隆
2013年2月8日〜2月24日 名古屋舞台芸術協会スタジオ
2013年2月27日〜3月3日 愛知県芸術劇場小ホール

  平成23年度
次代の文化を創造する新進芸術家育成事業 「三人姉妹」
作=A.チェーホフ 訳=神西 清 
演出=鐘下 辰男

2012年2月3日〜11日 
愛知県芸術劇場小ホール
制作:(社)日本劇団協議会 
企画:総合劇集団 俳優館


 ミュージカル「はだしのゲン」
原作=中沢啓治 脚本=鹿目由紀
演出=ほりみか

2011年8月10日〜13日
愛知県芸術劇場小ホール

新劇100年〜朗読・リーディングと上演による12作品連続公演〜
葉桜/リーディング 作=岸田國士、演出=ふじたあさや
釣堀にて/リーディング 作=久保田万太郎、演出=木村繁
和泉屋染物店/リーディング 作=木下杢太郎、演出=菊本健郎
玄朴と長英/リーディング 作=真山青果、演出=佐藤友彦
国境の夜/リーディング 作=秋田雨雀、演出=川村ミチル
みごとな女/上演 作=森本薫、演出=鹿目由紀
海彦山彦/リーディング 作=山本有三、演出=ほりみか
息子/リーディング 作=小山内薫、演出=佐藤友彦
水泥棒/上演 作=真船豊、演出=ふじたあさや
おふくろ/リーディング 作=田中千禾夫、演出=鹿目由紀
時の氏神/上演 作=菊池寛、演出=菊本健郎
剃刀/リーディング 作=中村吉蔵、演出=木村繁
2011年1月29日〜2月20日 名古屋舞台芸術協会スタジオ
2011年2月25日〜28日 愛知県芸術劇場小ホール

ミュージカル 「アンデルセンものがたり」
原作=H.C.アンデルセン、脚本=ふじたあさや、台本協力=三樹健、演出=ほりみか
2010年8月19日〜20日 名古屋市芸術創造センター

どん底
作=M.ゴーリキー  上演台本・演出=鐘下辰男
2010年2月25日〜28日  愛知県芸術劇場小ホール
(社)日本劇団協議会主催、俳優館制作

エデンの東
作・演出=右来左往
2009年8月14日〜16日 ちくさ座(名古屋市千種文化小劇場)

大正三文オペラ
原作=三樹健 作・演出=右来左往
2008年2月21日〜24日 アートピアホール(名古屋市青少年文化センター)
(社)日本劇団協議会主催、俳優館制作

ミュージカル「星モグラサンジの伝説」
原作=岡田淳 脚色=ふじたあさや 上演台本・演出=宮崎真子
2007年8月18日〜19日 愛知県芸術劇場小ホール

ゴーシュの夜の夜
作=北村想 演出=右来左往
2007年3月15日〜18日初演 愛知県芸術劇場小ホール

からだの不思議のミュージカル「ぼくらはみんな生きている!」
作・演出=右来左往
2006年10月初演 G-pit

「テンペスト」 作=シェイクスピア 訳=松岡和子 台本・演出=宮崎真子
2006年3月2日〜5日初演 愛知県芸術劇場小ホール
(社)日本劇団協議会主催 俳優館制作

戦後60年特別企画「60年目の暑い夏」アトリエ公演
企画・製作=森つとむ 構成=ふじたあさや、右来左往、たかべしげこ、宮崎真子
1 「野火」「戦艦大和の最期」朗読 7/29(金)
2 「ドンが聞こえなかった人々」手話 7/31(日)
3 たかべしげこ「ジュリア」朗読 8/3(水)
4 劇団なんじゃもんじゃ「悔悟の記録」上演 8/4(木)
5 「ガラスのうさぎ」「ちいちゃんのかげおくり」朗読 8/5(金)
6 現代の狂言「面」上演、原爆詩歌集朗読 8/7(日)
7 劇団朋友「黙って行かせて」朗読 8/12(金)
8 野坂昭如「戦争童話集」朗読 8/15(月)

十一人の少年
北村想=作 右来左往=演出
’05年3月初演 七ツ寺共同スタジオ


「須磨子という名の正子〜女優・松井須磨子の光と影〜」
ふじたあさや=作・演出
’04年10月初演 愛知県芸術劇場小ホール

「PEACH WARS 鬼ヶ島戦記異聞」
児玉俊介=作・演出
’04年3月初演 愛知県芸術劇場小ホール

ミュージカル「ねこはしる」
工藤直子作、ふじたあさや脚本・演出 西村勝行音楽
’03年7月初演 名古屋市とだがわこどもランド
’03年12月再演 文化庁新進芸術家公演事業 名古屋市中村文化小劇場

「わらべは、みたり〜童謡詩人金子みすゞの音符」
右来左往=作・演出
’02年11月初演 愛知県芸術劇場小ホール
’03年7月東京公演 オリンピック記念青少年総合センター

「いつも心に太陽を」
右来左往=作・演出
’02年9月初演 名古屋市芸術創造センター

「雨ニモマケズ!」 〜チカちゃんとケンジ童話たち〜 」
右来左往=作・演出 
’01年8月初演 名古屋市名東文化小劇場
’02年7月東京公演 オリンピック記念青少年総合センター
子ども劇場おやこ劇場、小学校・中学校公演、
文化庁「本物の舞台芸術体験事業」(平成15,16年度)等 

「ウスリーの赤き流れに 〜1945年8月の証言〜 」
ふじたあさや=作・演出
’00年9月初演 名古屋市北文化小劇場

「Fly Me To The Moon〜わたしを月につれてって〜 」
右来左往(劇団パノラマ☆アワー)=作・演出
’00年3月初演 名古屋市青少年センター
’02年7月東京公演 東京都児童会館
’03年4月再演 愛知県芸術劇場小ホール

ミュージカル「ムクバクとチチャねこ」
 木村泰子=作・絵 三樹健=脚本 ほりみか=演出 ノノヤママナコ=音楽
’00年1月初演 名古屋・ひまわりホール
’01年6月、7月東京公演 東京都芸術劇場小ホール、オリンピック記念青少年総合センター
★平成13年東京都優秀児童演劇選定奨励賞受賞/厚生労働省社会保障審議会推薦

ミュージカル「ふしぎの国のアリス」
 ルイス・キャロル「ふしぎの国のアリス」より
三樹健=作 斎藤敏明・三樹健=脚本・演出 大野栄潤=音楽
’99年5月初演 長野県・小学校公演
’00年7月改訂・東京公演 東京都児童会館
’00年8月再演 愛知県芸術劇場小ホール
’01年2月再改訂・再演
おやこ劇場子ども劇場、小学校等

ミュージカル「アップル・トゥリー」
  ’99年3月初演 名古屋市青少年センター
シェルドン・ハーネック、ジェリー・ボック=作 菊本健郎・ほりみか・宇佐見祐林=演出

音楽劇「天馬とにじのばち」
朝鮮名作絵本より
ふじたあさや=作・演出 佐藤容子=音楽
 ’98年11月初演 愛知県・美和町文化会館


音楽劇「春香伝・伝」韓国古典文学「烈女春香守節歌」より
ふじたあさや=作・演出 佐藤容子=音楽
’97年12月初演 名古屋市青少年センター
’99年8月東京公演 紀伊国屋サザンシアター、東京都児童会館

ミュージカル「やっかいなおくりもの」
いとうひろし=作 菊本健郎=脚本・演出 大野栄潤=音楽
 ’97年8月初演 名古屋市青少年センター

「望郷」 〜凍れる土の国から届いた便り〜
菊本健郎=脚本・演出
’97年8月初演 名古屋市西文化小劇場

「有楽町で逢いましょう」
 鈴木完一郎=作・演出 大野栄潤=音楽
’96年12月初演 名古屋市芸術創造センター

ミュージカル「和藤内・WATONAI」
近松門左衛門「国姓爺合戦」より 菊本健郎=脚本・演出 大野栄潤=音楽
’96年4月初演 愛知県芸術劇場小ホール

「我が輩は<坊つちゃん>である」
夏目漱石=原作 ふじたあさや=作・演出
’95年6月初演 名古屋市芸術創造センター

ミュージカル「O.ヘンリー・オムニバスpartU」
 O.ヘンリー=原作 菊本健郎=作・演出 大野栄潤=音楽
’94年12月初演 名古屋市芸術創造センター

「星の王子さま」「犬神」
 寺山修司=作 鈴木完一郎=演出
’94年7月初演 名古屋市芸術創造センター

「糸ひき工女は峠を越えた」
山本茂実・著「あゝ野麦峠」より 菊本健郎=脚本・演出
’93年8月初演 愛知県芸術劇場小ホール

ミュージカル「ごきげんなすてご」
いとうひろし=作 菊本健郎=脚本・演出 大野栄潤=音楽
’93年5月初演 愛知県芸術劇場小ホール


「サラダ記念日協奏曲」
俵 万智=原作(俵万智著作より)
ふじたあさや=作・演出 吉岡しげ美=音楽
’93年1月初演 愛知県芸術劇場小ホール
’94年3月再演 名古屋市芸術創造センター


「MOMOTARO」
 ’92年5月初演
 鈴木完一郎=作・演出
’92年5月初演 名古屋市中村文化小劇場

ミュージカル「O.ヘンリー・オムニバス」
 O.ヘンリー=原作 菊本健郎=作・演出
’91年5月初演 NHK名古屋CKホール

「ガラスのうさぎ」
’90年7月初演 NHK名古屋CKホール
’92年7月再演 名古屋市芸術創造センター
’95年1月東京公演 東京都児童会館、豊島区公会堂



ミュージカル「女の平和」
 アリストパネス=原作 鈴木完一郎=作・演出
’90年4月初演 名古屋・電気文化会館イベントホール

ミュージカル「セブン・ブライズ・ドリーム」
 田中十九郎・菊本健郎=作 菊本健郎=演出
’89年8月初演 愛知県中小企業センター

「じゃじゃ馬ならし」
 シェイクスピア=原作 ふじたあさや=台本・演出
’88年12月初演 名古屋市芸術創造センター

ミュージカル「カレーライス物語」 鈴木完一郎(青年座)=作・演出  音楽=大野栄潤
’88年4月初演 名古屋・電気文化会館イベントホール
’89年3月改訂・初演 NHK名古屋CKホール 同年5月総合テレビ放映
’91年10月再演 名古屋市芸術創造センター
’91年12月東京公演 前進座劇場、朝日生命ホール


ミュージカル「回転木馬」 
リチャードロジャース&オスカーハマーシュタイン
菊本健郎=台本・演出
87年9月初演 愛知県中小企業センター


音楽劇「さんしょう太夫」
ふじたあさや=作・演出 平井澄子=音楽
87年1月初演 名古屋・電気文化会館イベントホール
90年10月再演 名古屋市芸術創造センター
99年1月〜3月改訂・初演 
長野県・飯田市鼎文化センター、愛知県・扶桑文化会館、長久手町文化の家、
岐阜県・各務原市文化ホール、三重県・四日市市民文化会館